永久脱毛をするならここ

永久脱毛をするならここ

  • 永久脱毛調査隊top >> 
  • 心斎橋フェミークリニック院潜入調査報告 第二弾 診察・女医登場~処置編

Sneaked Investigation Report

潜入調査レポート

心斎橋フェミークリニック院潜入調査報告 第二弾 診察・女医登場~処置編

潜入調査員 石井ちゃん 32歳

カウンセラーの方とのカウンセリングで医療レーザーのことや大体の費用や治療にかかる期間など、 分かりやすく説明を受け
「次は院長による診察になります」
ということで、少しドキドキ・・・。


しばらくすると、白衣を着た女性が登場!
「えっ?」
カッ、カワイイ!この人がお医者さんなの?


それはもうびっくりの、キレイなというよりカワイイ(失礼!)女医さんが登場ではありませんか。
こんなキレイなお医者さんているんだ・・・。ってことは、 こんなにキレイで頭も良いってことですよね。
羨ましすぎます。


神様は不公平なんですね。
私なんか背も小さいし、頭も・・・だし。


でもよくテレビでキレイな女医さんが出てきて
”この人たちホンマにお医者さんなんかな?”って思ってましたが、ほんとにいてはるんですね。
キレイな女医さんって。


そんなことを考えていると
「診察始めます」と先生が。
正直、私先生の顔をず~っと見入ってしまって、大して脱毛のこと聞いてませんでした。
潜入レポーター失格です!
それでも、ぼ~っとしている私に笑顔で診察してくれている先生
・・・《合格》です!


気を取り直して、診察の中身ですが私の希望の腕とワキを診てもらい、 お肌の状態や毛の状態を診ているって言ってました。
で、いろいろ聞いてみました。


私の場合、季節によって少しアトピー肌になってしまうということ。
それでも脱毛はできるのかどうか?


先生の説明では、アトピーはもちろんアレルギー体質の人もできるそうで、
脱毛に使われているレーザーの機械の種類や光の強さ(?)を調整して、
その人のお肌の状態に合わせた治療方法を提案してくれるということ。


アトピー肌の場合化粧品でさえ気を付けないと、もっと酷くなってしまうし、
紫外線だって浴びちゃうとアトピーの範囲が広がるときもあるから、結構アトピー肌の人は気を使ってると思います。
だからほんとに脱毛できるのか少し心配でしたが、先生の説明でとても安心できました。
あとは私の場合どのくらいの期間がかかるのかとか、どのくらいの間隔で通院すればいいのかとかも説明してもらい、
脱毛については理解できました。


あとはスタートするのみ!


先生との診察が終わって待合室で待っていると先ほどのカウンセラーの方が登場。
これまでのことの再確認と治療開始の日程を相談しました。
私はすぐにでもやりたいと2日後に予約を入れました。

そしてその日は終了。
2日後に来ることになりました。


これまでのところ
「クリニックの場所」
「クリニックの雰囲気」
「スタッフの対応」
「費用について」
私的にはすべて《合格》ですね。


心斎橋って場所がら、美容クリニックも脱毛エステもたくさんあって、どこがいいのか分からない人も多いと思います。
実際に私の友達とかも一番最初に行ったエステやクリニックに不満があって、
途中で止めてしまって無駄なお金を使った~って後悔している人も多いんです。
費用が安いと対応が酷かったとか、全然永久脱毛になってないとか・・・。


良いクリニックを選ぶのはなかなか大変なことだし、
友達の紹介とかなら少しは安心できるけど、意外と自分には相性が悪かったりと。
だから、潜入レポーター石井ちゃんのレポートにかかっているんだ!
と自分を鼓舞し2日後の初治療に備えきれいにムダ毛を処理しているのでした。


・・・そして2日後 いよいよ初治療の日を迎えたのであります!


予約は同じく11時。
何事も一番でなくては気が済まない京女ですから、少し早目に到着しスタンバイ。
ちょっと緊張しています。
というのも、一番自分的に聞きたかったことを聞いていなかったんです。
それは・・・《痛いかどうか》
正直言って私、痛いのは苦手なんです。
ただ先生があまりにもカワイイから見とれてしまって、一番聞きたかったことを聞いてなかったんです!
潜入レポーター失格ですね。
グッスン!


で、クリニックに到着。
痛みのことはもう忘れよう!
早速受付でカード(診察券です)を出してチェックインです。


「こちらでお待ちください」
と待合室で座る私。
やはり緊張しているのが分かります。


そんな緊張している私に気づいたのか、受付にいたスタッフの方が
「緊張しなくても大丈夫ですよ」
と声をかけてくれたではないですか。


ナイスです。


「ではこちらへどうぞ」
いよいよお迎えがきました。
ここで緊張していてばかりでは潜入レポーター失格です。



移動中もスマホで撮影開始。
結構お部屋があるんですね。


挙動不審な私を気づかれないよう平素を装い処置室へ。


「これに着替えてお待ちください」
と渡されたのが茶色の服。


これ何て言うんだろう?処置服?


早速言われた通り着替えました。
で、写真撮影!


なんだろう?この気持ちは。
今まであまり感じたことのない感覚になります。


着替え終わって待機中・・・やっぱり緊張してきた!


やばい、痛いのかな~っ。
と、そこにスタッフ登場。



最初にテスト照射を行い、その後、肌の状態を先生が診察します。との説明があり、
これから何か所かにレーザーを照射しますとのこと。


「これをかけてください」
と、アイマスクをかけます。
このアイマスクはレーザーの光から目を守るものらしい。
スタッフも同じようなものをかけています。


「パチっ!」
「あっ!」


レーザーが当たった瞬間思わず声が出てしまいました。


「痛いですか?」
「あっ、イヤっ、ちょっとびっくりしただけです」
と私。


”音の割には思ったほど痛くない!”


「照射する場所によっては痛みがあることもありますよ」とスタッフの説明。


そしてその後、この前の女医先生が登場。
先ほどレーザーをあてたところを診察しているようです。
テストで照射してお肌の状態を確認して機械とレーザーの光の調整をするということ。


それから処置が開始されました。
腕とかにはマーキングらしきものが書かれていきます。
それで、順番にレーザーを当てていく感じですね。
一番気になる痛みは今のところ我慢できる程度でひと安心です。


レーザーを当てるのは結構リズミカルに行われて、いい感じで進んでいる気がします。
取りあえず第一回目の腕はこれで終わりです、と意外と処置時間は早いんです。


それからワキの処置に入ります。


「バチッ!」
うお~っ。腕より痛いぞ!まるでワキを輪ゴムで弾かれたような痛みが・・・。
これか・・・スタッフが言っていた、場所によっては痛いところがあるというのは。
でもきれいになるための我慢は必要ですから・・・我慢、ガマン。


診察の際に先生が言っていたのを思い出しました。
医療レーザーで脱毛した後は、肌が引き締まってキレイなツルツルのお肌になりますということを。
考えたら一石二鳥ではないですか。
ムダ毛が無くなるのとお肌がきれいになるというのは。
だから、我慢、ガマンです。


「はい、今日の処置はここまでです」
ということで、第一回目は終了しました。
終わってみると意外と痛みも我慢できたし、何より処置時間が短いのはいいですね。
ワキとかは5分も掛かってないんじゃないかなと思うほど短かったです。
さすがに腕は範囲が広いのでもう少しかかりますが、余裕の第一回目の処置でした。


「次回はどのくらいを目途に来ればいいですか?」
「毛の生え変わるサイクルに合わせて処置をしますから、だいたい1か月半から2か月後くらいで考えておいてください」


ということで、着替えた私は受付で次回の予約をすることに。


このくらいのペースで通ってどのくらいで終了するのかな・・・。
カウンセリングの時の説明だと、2か月くらいの間隔で5回という説明だったから、
1年かからないくらいということか・・・。


取りあえず一回目が無地終了、
少し肩の荷が下りた感があるけど、2回目以降も潜入レポートしっかりやってきます。
これまでの石井ちゃん評価は《A評価》ですね。
やっぱり人気があるクリニックにはちゃんとした理由があるんですね。
《永久脱毛》をするんだったら、しっかりとした技術は勿論ですけど、
クリニックのスタッフの対応や言葉の使い方も大事なクリニック選びのポイントに思えました。

うまく潜入レポート書けるかな・・・。



 心斎橋フェミークリニック編 第二弾 いよいよの2回目処置編



 フェミークリニック詳細はこちら